平和の為に

 

「コイツがいなくなれば平和になるのに」

皆がそう思っていた人を、殺す計画をした。










大丈夫、夢のはなし。




実行する、その瞬間まで、私も周りも「ジャマな奴だ」と思っていた。

腹立たしくて、奴がいなければ毎日はどんなに平和だろうと思っていた。





その時がきた。





「準備はできたか」

もう一人が捕まえてきて、奴ももうそこにいて、私が準備できていれば、計画は実行される、そんな場面だ。



ただ、夢なので、犯行現場はショッピングモールの駐車場。
ほぼ満車の中、荷台を開けてそこで釣りの準備のようなことをしていた私。


もう一人の実行犯は、地元で悪役といったらあの人、と言えるような(ワルではない。あくまでも悪役。)お方。(ごめんなさいね。)


気になるでしょう、”奴”はというと、設定はほんとに架空。
なぜか姿は、小学生の時にやっていたテレビ番組「学校へ行こう!」の歌ネタのコーナーで出演していた尾崎豊の替え歌を歌う「尾崎豆」さんだった。
先日、10数年前のこの番組が特番で再放送されていて、嬉し懐かしのインパクトだと思う。尾崎豆、大好きなんで。はい。






私は準備ができていた。
でも、急になんだか、腹立たしさがスゥーっと抜けていき、殺すとは何事かを実感していた。


手が震えた。心が震えた。

自分が殺人犯になって刑務所へ入れられる、そんなことは全く考える余地もなく
ただただ「殺す」ということは、一つの命がなくなることで、どんなに嫌な人だとしても、命をなくす価値はないんだ、と

そんな当たり前のことを、目の当たりにしたところで、肌で実感していた。
その時も、今までも、きっと冷静なんて保てていなかった。


もう一人の彼も、「まだか!」と言いつつ、やっぱり動揺しているように見えた。


でもきっと彼はヤるだろう。

恐怖を越えて、やると決めたことはやる、という強さと覚悟があるだろう。


そう、計画は何が何でも実行しなければ、いけない。





私は、私は、、、





「準備、できたよ!」







そう言って、なんとその場から走って逃げてしまった!

なんという!


止めることもできず、
実行することもできない、

なんて弱い人間なんだろう。






でもその時の私の頭の中はパンパンで

ただただひたすら
「一人いなくなるからって、平和になるわけない!」
「一人いなくなるからって、平和になるわけない!!」
「一人いなくなるからって、平和になるわけない!!!」
と、心で叫んでいた。


「あいつがいなければ平和なのに」

そう思っていたあの心は、本当に愚かだった、とやっと気付いたのだった。





それから、どのくらい時間が過ぎただろう、割と直ぐだったかもしれない。
後にしたその場所に、おそるおそる戻ることにした。



お願いだから、殺していませんように。










いくつもの車をかきわけ、自分たちの車のところへ。



するとそこには、

二人がこちらを見て、立っていた。




あぁ、よかった



尾崎豆も、ケロッとしていた。

もう一人の彼も、悶々としているようで、爽やかでいるようにも見えた。


同じような心境を乗り越えたんだろう。



そのあたりで、目が覚めた。







しばらく本当に体験したかのように恐ろしかったのだけれど、これは忘れたくない!と、書き起こしておいた。


恐ろしや、人を憎む気持ちなんて。
ほんとに恐ろしい。


完全に覚めるともう、人を殺しちゃいけないなんてわかりきったことだけれど、

ここではなんていうか、1人の個人の話ではなく、物事や社会でのこととしても当てはめてほしい。


○○がなくなればいいのに
○○が辞めればいいのに

でも

「○○がなくなったからといって平和になるわけじゃない!」

ということ。




それにしても
なんでこんな夢を見たのか(笑)

それは今、物語を考えているからだと思う。


「悪者を倒せば平和になる」というお話ではなく

「本当の悪なんかいない」悪者という被り物をとり剥がす、お話。




 これを読んでる人も普段「殺そう」とまで思わないと思うけど
どうかどうか、「ヤツを倒そう」「アレさえ無ければ!」なんて思い始めたら

あれあれ、ちょっと待てよ。

と、一先ず心に留めて
本当の原因は、そこ一点じゃないかもしれないと探ってみると、、





こんど、高校の校長先生との話を、書きたいと思います。

それでは!
ありがとうございました。

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿