5/13朗読劇「オーケストラ!」出演!



なんと 演技ができないと思っていたannasekai、
役者として舞台に立ちます!

まず!

今回のお知らせです。






「動物園オーケストラ!」
〜動物園と月と歌と楽器と旅〜


5月13日(土)12:00オープン
at紫明会館   (京都府 京都市北区小山南大野町1番地)






13:00から 「オーケストラ!」

出演/大木湖南 annasekai inori 他  観劇料1000円(小学生以下無料)
 
15:00から 「はるこ」

出演/尾崎しのぶ 友井田亮 森本久美 観劇料1000円(小学生以下無料)

 
17:00から「オーケストラ!」 
出演/大木湖南 annasekai inori 他 観劇料1000円(小学生以下無料)
 
19:00から 「ライブビューイング」

上演「和歌山で演劇します」さん。 入場料無料

 

●ご予約、お問い合わせ


お名前、タイトル、ご予約人数、ご明記のうえご連絡くださいませ。

(まずannasekaiへご連絡いただいても構いませんよ!)


くわしくはこちら…
〉〉ユリイカ百貨店ホームページ


 
 *

ことの始まりは、やはり。
世界文庫アカデミー。

4つあるクラスのうち、たまたま同じクラスの中杉さんが
ユリイカ百貨店の脚本・演出の方で。


初めてお会いした時、「あっなんか面白そうな方!」と思ったんだけど
向こうもそう思っていてくれたみたいで。

お声をかけていただいた時にやはり
「私より役者志望の方や経験ある方にお願いした方がいいんじゃ…?」
と伝えたところ
「あんなちゃんの魅力を出したい!」と
何度も強く情熱を語ってくださった。


また、この劇のコンセプトに多く共感した。

「演劇を観たことない方に観て欲しい!」と
動物園で公演したい!夢を3年も持ち続けていた。

そして、ほんとに最近
7月に京都の動物園でその第一歩が叶うことが決まったそう!

すごーい!!
そのことなど詳しく書いてあるので、
ぜひホームページをごらんください!

〉〉ユリイカ百貨店ホームページ






今年はなんだかそんなお声が急にかかるようになった、
不思議ね~

ブログには書いていなかったので、書き起こしてみるね



まず、

公開はしてないけど、
2月には友人監督の短編映画で主役・・・を演じた。


あの時は、心から応援している友だちのお願いに
「私に出来ることなら何でも!」と一つ返事したものの
台本が送られてきて「えっセリフあるのか!!!」と気づき。笑

とっさに「ごめん、私演技できないよ!!」と言ったら
「あんちゃんそんまんまでいいんよ!」と笑って流されるという。。。

でも楽しい撮影現場であっという間、
やっぱり私は”そのまんま”だった!!!

大根役者やー!とは言われなかったけど!笑



2月・3月には
蕎麦打ちとポン菓子をポン!するモデルもした!

これは山梨県上野原市西原地区の方が地域おこしに精を入れていて。

(この中にannasekaiが4人います。どーこだっ!)

あ。


ポン菓子の方は「雑穀PON!PON!」楽曲も製作。
みんなで歌える歌を作ったよ。

雑穀文化を守りたい!届けたい!と雑穀をポン菓子にするプロジェクトで
20秒のCMがあるので見てみてね!


↓  ↓  ↓





モデルといえば、2月、中学校の先輩のスタイリスト試験でカットモデルに!

今までもたまにあったけど、今回は試験!!
大勢のスタッフさんやオーナーに囲まれプレゼンまで…!
私も緊張したーーー!


さきちゃん、スタイリストおめでとう!!

tokyo hairdressing awardでデザイナーズ賞もとった素敵なさきちゃん。
apish 銀座店、井原早紀ちゃん!ぜひチェックです!!




3月メディア的には

ケーブルテレビJ:comの番組「かながわらく楽ウォーキング」さんで
藤野のアーティストとして、作品と藤野を紹介させていただいた。








あと1月は広島公演、 
3月は藤野公演があった人形劇「ウーマンシャーマン」

〉〉ありがとう!!ウーマンシャーマン広島公演
〉〉エンゲキ宝島(ふじのキッズシアター、ウーマンシャーマン)


舞台音楽でいろんな音を奏でたり
3月の公演のときは、声や台詞?もいただいた。





小4のときから参加していたふじのキッズシアターでは
演技はめっぽう出来なくて、
ただ舞台に立つことが楽しかったから続けていた。


ホールで作られる幻想的な装飾の異空間な世界、
生演奏の音楽、プロの照明、

すべて”プロ”が揃う藤野で、
お母さんお父さん達も衣装作りや裏方、まかないなど

みんなが大きなファミリーとなって作るたった1・2日の為のその瞬間が好きで、


演技はできなくとも、
舞台で正面を見たときに、照明の光の真っ白で視界が包まれ
自分の殻もなにひとつなくなり、
自分自身も光になってしまうような、

あの感覚が病みつきになってしまったのだ。


輝ける喜びをおしえてくれた場所。


大地からの呼吸をしたり、動物のようになってみたり、
人間の本来の喜びをおしえてくれた場所。

私だけでなく、
ふじのキッズシアターのOBのほとんどが表現活動をしている。


greenz 記事 〉〉“あるがままでいいんだよ”心と身体を解放する居場所づくりから始まった「ふじのキッズシアター」が、演劇表現を通じて育む子どもたちの未来



長くなった、



最近はOBとして音楽隊で参加したり
自分が舞台音楽を担当させてもらったり、

映画でも小さな役をいただいたりしたけれど、


ちゃんとした演技自体は…高校生ぶり…?
くらい。。




きゃーーー
どうなることやら、朗読劇。


もちろん見たことはある、


あっ、一回出たこともあったっけ…
子ども役のちょっっっとだけの台詞と歌と小物楽器



なんだか、

舞台とは切っても切れない縁があるようで。
自分から意図してないのに、それが不思議。。


しかもなんだか、

”鳴り物楽器” ”参加型” がなぜか!
なぜか私に限って、ついてまわる・・・笑


今回、ユリイカさんは私のライブ見たことないし、
全然知らないと思うしね!


そーんな参加型で楽器鳴らしましょ~って演劇、
なかなか無いはずで、どれも「今回挑戦してみます!」てな感じなのに。

完全にそこへ引き寄せられているよな…


個人のライブでおなかいっぱいよ、神様ーー
ん?
もっと??

つきつめるのね?!

それが私の使命なのね?!


あははーっ


とにかくとにかく!


頑張りますので、観に来てくださいね~~~!


関東からでもおいでよー!
激込みのGW後、京都は観光にもきっといい季節。

お待ちしておりますっ☆




anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿